『ジョブカンApps』をリリースした理由

『ジョブカンApps』をリリースした理由

2020年に、ジョブカンシリーズは10周年を迎えました。2019年4月から本格的に始動した働き方改革の後押しもあり、シリーズ累計で8万社以上ものお客様にご利用いただいております。

さらに2020年には、シリーズ7番目のサービスとなる『ジョブカンApps(アップス)』のリリースが決定しました。

なぜ、この新たなサービスを提供することを決めたのか、今回は背景をお話します。

目次
  1. ジョブカンAppsが生まれたきっかけ
  2. ジョブカンAppsのリリースを決めた時代背景
  3. ジョブカンAppsの特徴

ジョブカンAppsが生まれたきっかけ

シリーズ最初のサービス『ジョブカン勤怠管理』は、もともと自社のアルバイトを効率良く管理するために作ったシステムでした(※)。そのほかのサービスも、社内から「業務を効率化したい」という声が上がったため開発したものです。

同じく『ジョブカンApps』も、「ジョブカンのデータをもっと簡単に管理表にしたり、調査に使ったりできないか?」「都度、Excel(エクセル)やGoogle スプレッドシートでデータ加工するのは面倒……」といった声から生まれました。

また「ジョブカンをカスタマイズして使いたい」、「さまざまな業務がクラウド化しているため、システムをまとめて管理したい」というニーズも非常に強く感じており、大きな原動力になりました。

(※ 詳しくは、ジョブカンシリーズ ポータルサイト掲載コラム「ジョブカン成長秘話〜導入実績20,000社に至るまでの軌跡〜」をぜひご覧ください。
https://all.jobcan.ne.jp/info/column/323/

ジョブカンAppsのリリースを決めた時代背景

日本のIT導入は今後、

  • 内製化(自社開発)
  • プロフィットセンター
  • 情報の連携

という方向へ進むと言われています。

従来、ITシステムを導入する場合、日本ではSIer(エスアイヤー)と呼ばれるICT企業による受託開発中心の情報システム構築が中心でした。しかし、今後は米国などのように自社開発/内製化が進んでいくということです。

(出典:「平成 30 年版情報通信白書」(総務省)https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd112210.html

その背景の一つとして、今後はITの導入が「企業の価値を生み出すコア業務」により大きく影響する、ということが考えられます。

従来、IT導入はコストセンター/バックオフィス業務の中で行われており、いわば非コア業務でした。そのため情報システム部門からSIerに委託する形が広くみられ、しばしば「ベンダー丸投げ」と呼ばれる風潮があったのです。

しかし現在は、「自社の競争力に影響するシステムは内製し、そうでないものはパッケージで調達する」といった方向へ変わってきています。

CDO(最高デジタル責任者:Chief Digital Officer)として事業部門の業務に深く関わるICT責任者を設ける企業も増えてきていることからも、企業の意識が変わってきていることがわかります。

(出典:「令和元年版 情報通信白書」(総務省) https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd123110.html

ITシステムを導入する上では、情報の連携、業務感の機能連携がより重要です。

業務領域別にツールを導入するよりも、複数の業務領域をカバーするITツールを導入したほうが生産性はより高くなります。

と、いうのも複数の業務領域で同じデータが必要になることも多々あるからです。別の業務で使用するからといって、何度も同じデータを入力していては業務効率は下がる一方ですよね。しかし、このような作業はまだまだたくさん存在するのが現状です。

【業務領域間の機能連携と3年前と比べた労働生産性】

【連携によりカバーされている領域の数と労働生産性】

(出典:中小企業庁ウェブサイト https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/h30/html/b2_4_2_1.html

こうした時代背景を踏まえ、そしてジョブカンユーザの皆さまの課題を解決し、皆さまの仕事をより価値のあるものにするため、ジョブカンAppsをリリースを決めました。

ジョブカンAppsの特徴

ジョブカンAppsは、ジョブカンのデータ活用を取り込み、誰でも簡単にアプリを作って業務改善したり、使いやすくカスタマイズできるサービスです。 誰でもかんたんにアプリを作れるのが特徴で、現場の誰もがリーダとして、設計・導入・運用できるように設計されています。

また、さまざまなアプリをまとめて管理もできます。いままでジョブカンがカバーしていたバックオフィスでの利用はもちろん、営業部門や経営部門での利用も可能です。

例えば、顧客管理システムとして営業活動に利用したり、そのデータを分析して営業計画を立てたり、さらには採用データと営業業績を連携し採用計画を立てたりと、活用の幅は非常に広いです。

現在開発中のため、具体的な事例は紹介できませんが、すでにジョブカンユーザからは「残業時間の分析に使いたい」「社内のExcelがまとめて管理できると便利そう」という声をいただいています。

より使いやすいサービス、そして皆さまのビジネスを支えるサービスとして成長していきますので、ジョブカンサービスを引き続き応援お願いいたします。


ジョブカンAppsとは?

①豊富なアプリが使い放題!

契約書管理、社員名簿、日報管理など、業界・職種を問わず仕事で活用できる約40種類のプリセットアプリをご用意しております。いくつでも自由にご利用可能です。

②オリジナルアプリのカスタマイズ・作成も可能!

ドラッグ&ドロップするだけでアプリのカスタマイズや作成が可能です。プログラミングや専門知識は必要ありません。

③ジョブカンシリーズとの連携が可能!

ジョブカンに保存されたデータをAppsで利用できます。

例:

  • ジョブカン勤怠管理のデータを利用して、残業時間の分析を行う。
  • ジョブカンワークフローのデータを利用して、備品管理を行う。
  • ジョブカン採用管理のデータを利用して、採用進捗レポートを作成する。
  • ジョブカン経費精算のデータを利用して、予実管理を行う。

事前登録受付中です。

ジョブカン通信 編集部