【連載:第2回認定アドバイザーインタビュー】 独立したくて社労士に!?:社会保険労務士法人ジェイズ事務所

【連載:第2回認定アドバイザーインタビュー】 独立したくて社労士に!?:社会保険労務士法人ジェイズ事務所

連載企画:認定アドバイザーインタビューの記念すべき第二回目は、社会保険労務士法人ジェイズ事務所様へのインタビュー記事になります。
( 社会保険労務士法人ジェイズ事務所様HP : https://jays.jp/)

東京都渋谷区代々木にある、社会保険労務士法人ジェイズ事務所。
社長様おひとりから上場企業まで、企業規模や達成目標等、お客様の目的に応じたお手伝いをしていらっしゃいます。

社会保険労務士法人ジェイズ事務所様の専門テーマは、以下の3点です。
(1)セクハラ・パワハラ等ハラスメント全般に関するコンサルティング
(2)採用および離職防止に関するコンサルティング
(3)生産性を上げる行動基準づくりに関するコンサルティング


今回は、代表の片桐めぐみ氏にお話を伺い、「独立」と「社労士」の関係について探っていきます。

目次
  1. Q.御社の会社概要・事業内容について詳しく教えてください
  2. Q.社労士になったきっかけを教えて下さい
  3. Q.認定アドバイザーになってくださったきっかけを教えて下さい
  4. Q.認定アドバイザーのメリットとして感じられる部分はございますか?
  5. Q.ジョブカンを顧問先に導入して、貴社業務が効率化された等の変化がありましたら教えて下さい。
  6. Q.今後のご展望を教えて下さい。(今後の貴社活動や、市場の変化等、自由にご記載いただけますと幸いです。)
  7. インタビューを振り返って

Q.御社の会社概要・事業内容について詳しく教えてください

「2007年に開業し、2016年に法人化した社会保険労務士事務所です。

労務相談・コンサルティングをメインとして、社長様おひとりから上場企業様まで、企業規模や達成目標等、お客様の目的に応じたお手伝いをさせていただいております。

以前までは、社労士の専門分野の手続き業務を中心にお客様のサポートを行なっていましたが、今後は労務相談等のコンサルティング業務を通してお客様の力になりたいと考えております。

書類手続き等の業務に関して、クラウドサービスの普及もあり、これまでよりは容易に行うことが可能となってきました。変わらぬサポートをさせていただきますが、お客様にも手続き業務の内容・方法を知っていただき、一緒に成長できる関係性を築いていきたく思っております。

クラウドサービスの導入に関しても同様に考えております。」

Q.社労士になったきっかけを教えて下さい

「最初に勤めていた外資系の会社があまりにも大きいところで、自分はここにいる意味があるのか、違和感を感じていました。その後、日本を2年間放浪したり、医療機関に勤務したりしたのですが、『組織に所属するのではなく、独立して自分の力を試したい』と感じました。

人事を少しかじっていたので、人事関係で何かできることがあるかなと考えるようになりました。資格を取れば独立できると思ったので、資格を探した結果、社労士に行き着きました。社労士の資格を取った後、すぐに独立し、すぐに開業しましたが、初めてお客様が来てくださったのは開業してから半年後でした。最初は短期の仕事や知り合いのお手伝いなどを行っておりましたが、ご縁をいただき仕事の幅が広がっていきました。

開業して、もちろんリスクを負う面もありますが、自由が効き、自分に決定権があることは、やはり私に向いているなと感じました。」

Q.認定アドバイザーになってくださったきっかけを教えて下さい

「ジョブカンは知り合いの公認会計士さんから紹介していただきました。
弊所で給与計算を担当しているお客様が導入されたことをきっかけに、管理画面を共有し、使いやすそうだったので、これであれば他のお客様にもご紹介できると思ったのがきっかけです。」

Q.認定アドバイザーのメリットとして感じられる部分はございますか?

「お客様とのやり取りが楽になった点です。

ジョブカン認定アドバイザーの検索ページから検索して、こちらにご連絡してくださったお客様もいらっしゃったので、お客様の幅も広がったと思います。」

Q.ジョブカンを顧問先に導入して、貴社業務が効率化された等の変化がありましたら教えて下さい。

「ジョブカンを利用して自社業務がかなり簡素化できたと感じています。
特に有給管理の業務においては、半日ほど時間を削減できたと思います。

給与計算を担当しているお客様とは、従来はタイムカードのコピーや有休管理などを紙やデータでいただいていたため、タイムラグが解消されました。

顧問先様は、出勤等の確認や有給休暇の管理などの課題を抱えていらっしゃる方が多いため、どなたが出勤しているかがすぐわかる点が良いというお声が多いです。勤怠管理が楽になったとも伺っております。」

Q.今後のご展望を教えて下さい。(今後の貴社活動や、市場の変化等、自由にご記載いただけますと幸いです。)

「弊社の従業員が快適に業務を行えるように、さらにペーパーレス化したいです。
また、お客様と共に成長できる事務所でありたいです。例えば、経営理念の補正の際には、これからも残っていく企業になっていただくために、経営者としてどうあるべきかのコンサルティングをしたいと考えています。」

インタビューを振り返って

とてもフランクに私達を迎えてくださって、終始明るい雰囲気でインタビューさせていただきました。
ハチロクなどのモータースポーツが趣味であるというワイルドな一面も持っていらっしゃる片桐氏は、「お客様と事務所の双方の成長」に重点を置いており、お客様をサポートし続けていらっしゃるパワーを感じました。
クラウドサービスの導入等を積極的に取り入れられているジェイズ事務所様は、これからもジョブカンを含めたクラウドサービスユーザー様の支えになってくださることと存じます。

片桐 めぐみ

社会保険労務士法人 ジェイズ事務所 | 片桐 めぐみ

ITサービスを駆使できる分野と、人的支援の必要な分野のバランスを取りながら、お客様が「理解しながらできる」業務効率化と労務管理の支援を行っています。
給与計算、年末調整業務など各種手続きのほか、ハラスメント防止対策、採用支援などコンサルティング業務にも力を入れています。
他の執筆記事はこちら